忍者ブログ
身内にしかわからない日記。 思ったことをだらだら書く☆mixiもやってるけど、そっちとは違う内容です♪
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
o
[08/15 たらこ]
[08/10 nina]
[04/23 東京に来た私]
[04/01 名古屋で就活してる俺]
[03/28 たらこ]
最新記事
(08/05)
(07/17)
(04/01)
(03/23)
(03/18)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
たらこ
年齢:
11
性別:
非公開
誕生日:
2006/11/22
職業:
大学生
趣味:
多趣味
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一連の事件について

 たぁこによる『達君名古屋発言』から二日が経ちました。


この短期間にかなり凹まされ、まだ傷は癒えていませんが、とりあえず事件は終わりました。


先程、宗にはあらすじを話したので、Kに報告を。。。


Kがバイトに行ったあと、たぁことミスドで会いました。


その時の会話↓

私『達君とはこれからどうしていくつもりなの』


た『ん、、割り切って友達として…』


私『じゃあどうやってくの』


た『………がんばる』


私『何をがんばるの(半ギレ)』

『んなこと言っても電話するでしょ』


た『むぅ…』


たぁこはメールで達君に『しっかりするまで電話しない』という内容を送りました。


返信はありませんでした。


その後二人でカラオケに行きました。


途中、泣いていました。


私『どんな感情?哀しい?』


た『うん…』

『でも一時的なものだから』



その後Kが加わり再びカラオケへ。


Kと別れてから二人で朝まで話しました。






今日。


たぁこに達君から会おうメールが来ました。


しかしいつものグダグダから、また流れました。


達君からはまたメールが返ってきません。


その後、私はたぁこと月を見てました。


相変わらず達君から返信は来ません。



23時になりたぁこを送っていきました。


0時、たぁこからメール。


『達君寝てたらしい…んで電話してバイバイしましたー☆』













なんか明るいな!!


とりあえずそんな感じで、一応収束しました☆


といっても、オレの中から不安が消えたわけではありません。


正直裏切られた感じがしています。


かなりのショックと悲しみがあります。
















でも!オレはたぁこが好きなんです!!


あの子と生きたいです!

一緒にいたいんです!!


まだ向こうには大ーーきい問題があるけど、

それすらクリアーしていくつもりです!!



誰にも渡しません、どこにも行かせません。


もっと好かれる男になります。


たぁこがオレだけを見るようになるまで。。
PR

Comment
すいませんした
ちゃんと二人とおる時に話したげるべきやったんに役に立てずすいませんした。

男のコはプライド高い生き物(やとあたしは思っとる)やで弱いトコとか見せたないとかあるやろけど、ホントに大事なもん守るんには、素直になるんも大事やと思う。強がるのが全部悪い事だとは思わんけどね。


いかん、あたしが泣けてくる。


でも、3人でご飯食べてカラオケ行って、あたしが単車で帰った日、たぁこがちゃんとたらこの事好きなんやって分かったよ?

昨日も言ったけど、ホンマ幸せになってください。
結局寝れなくて徹夜を決意してしまったり、ね。
まぁ、あれだよ。

成る様に成るだて。Will be,will be.

肩の力抜いていこーぜー
無題
k:むむ。おぬしが泣くなゅお Σ(ノ∀`*)ペチッ

まぁいつかチラッとたぁこに話したってくれ☆アノ子は気付いているが直そうとしないところが難点だから。。



宗:哲也ですか!!完全なる睡眠フラグたった!!

なるようになると思うが流れを作るのも一興(@´ω`)ノ
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne